トップページへ
本文へジャンプ

広島県雇用労働情報サイト わーくわくネットひろしま

文字を大きくする方法のページへ 携帯電話のページへ
サイトマップへ


当サイトの使いかたのページへ

ひろしまジョブサイトへ
→詳しくはこちらから

■お役立ちサイト■
検索の使い方 入力した語で検索します:  表示件数 
求職者の皆様へのページへ 学生の皆様へのページへ 労働者の皆様へのページへ 事業主の皆様へのページへ
障害者の就職・雇用のページへ U・Iターン就職のページへ 職業能力開発のページへ 仕事と家庭の両立のページへ
ホーム 障害者の就職・雇用 障害者雇用 物品調達における障害者多数雇用事業者認定制度…−1/2
ここから本文

物品調達における障害者多数雇用事業者認定制度について−1/2

広島県では,平成18年4月1日から,物品の調達に当たり,積極的に障害者を雇用している県内の事業者を障害者多数雇用事業者として認定し,当該事業者に対する受注機会の拡大を図る制度を導入しています。
       ※平成30〜32年の物品調達における障害者多数雇用事業者認定に係る申請受付は,
     平成29年8月31日(木)をもって終了しました。
     こちらのページは,平成29年12月末まで有効の認定申請の受付ページです。
                                                       手引はこちらをクリック→  手引

障害者多数雇用事業者として認定された場合の優先的取扱いの内容

指名競争入札により物品を調達する場合,障害者多数雇用事業者を1者以上指名します。
随意契約により物品を調達する場合,原則として1者以上の障害者多数雇用事業者を見積合わせ等に加えることとします。
(注意)
なお,この認定を受けないと物品調達に係る競争入札参加資格が得られない,又は資格が抹消されるといったことはありません。

対象物品の範囲

広島県が調達する物品を対象とします。

障害者多数雇用事業者の要件(次の全ての要件を満たす必要があります。)

本県の競争入札参加資格(物品)を有していること。
(競争入札参加資格(物品)との同時申請が可能です。)
県内に本店,支店,営業所等(以下「県内の事業所」という。)のいずれかを有していること。
申請日の前月の初日現在において,県内の事業所での障害者の雇用割合が4.0%以上であること。
障害者の種別ごとの要件を参考にしてください。

障害者の雇用割合(%)

常用雇用障害者(短時間労働者を含む) ×100

県内の事業所における常用雇用労働者数(短時間労働者を含む)
(注意)
常用雇用労働者の数のうち,短時間労働者は1人をもって0.5人として算定してください。
重度身体障害者及び重度知的障害者(短時間労働者を除く。)は,1人をもって2人として算定してください。

雇用障害者数のうち,短時間労働者は1人をもって0.5人として算定してください。ただし,短時間労働者のうち重度身体障害者及び重度知的障害者は1人で算定してください。

↑ページのトップへ

申請手続等

広島県の「平成27〜29年物品・委託役務競争入札参加資格審査申請書」の写し(1枚目のみ)を添付の上,所定の様式により県雇用労働政策課に申請してください。認定の可否を審査の上,結果を通知します。 
なお,審査の際には,現地調査をさせていただく場合があります。
物品調達における障害者多数雇用事業者認定申請書(WORD文書 86KB)
物品調達における障害者多数雇用事業者認定申請書(記入例)(PDF文書314KB)

申請の受付時期

平成27年1月13日(火)〜平成29年11月14日(火)
     (土曜日,日曜日及び祝日を除く)受付時間9時〜12時,13時〜17時  

 


物品調達における障害者多数雇用…−2/2へ→
←トップページへ ↑ページの先頭へ

広島県商工労働局
TEL(082)513-3424 FAX(082)222-5521(雇用労働政策課)  ご意見はこちらまで ご意見・ご質問送信ページへ
 
最新バージョンのAdobe Readerをダウンロードできるページが別ウインドウで開きます  
PDFファイルを表示するためには,Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要です。
アドビシステム社のホームページからダウンロードできます(別ウインドウが開きます)

本ホームページに掲載の文章・資料・画像などの無断転載を禁じます。 広島県のホームページが別ウィンドウで開きます
Copyright(C) 2010 Hiroshima Prefecture. All rights reserved.